noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

こんにちは、なたりーです。
現在ワーキングホリデーでオーストラリアの西の都市パースに滞在しています。

最近の平日の私のスケジュールです。
仕事は日本食のテイクアウェイショップとレストランの二ヶ所で働いています。

8:00 起床
シェアハウスにエスプレッソマシーンがあるのでそれを使ってラテを使って飲んで
スープを飲んだりしてゆっくり脳みそを始動させます

仕事に出発するまでの間にKindleで本を読んだり
オンライン英会話のネイティブキャンプのレッスンを受けています。
1本25分ほどなのでさくっと受けられるのが便利。
日本語が恋しくなったらVoicyで音声メディアを聴いたりしています。

11:00出発
シェアハウスからシティの職場まではバスで40分ほど。
天気が良くて体力がある日はパース通信で購入した中古のマウンテンバイクを使って出勤。

12:00ランチタイム出勤
日本食のテイクアウェイのお店で働きます。
お昼のピーク時は忙しいので大変だけどある種サッカーなどのスポーツだと思って取り組むと楽しい。

15:00退勤・ご飯
仕事終わりにはお店の残り物の揚げ物やお寿司をもらえるので食には困りません。
たまにタスマニア産のサーモンのお刺身やお寿司もいただけるので
ジャパレスの良いところは美味しいご飯が食べられることだと思います。感謝。

16:00−18:00 図書館で休憩

次はディナータイムの仕事があるので間の時間はシティの図書館で休憩。


シティの図書館でスマートフォンを充電させてもらいながら読みかけの本を読んだり、SNSチェックしたり。
セブンイレブンで2ドルのアイスコーヒーを買って芝生の上で昼寝をしたりと体力回復させて夜の仕事も頑張る。

18:00〜21:00 ディナータイム出勤
こちらも日本食のレストランでディナータイムに働いています。
フルサービスのレストランなのでしっかりとお客さんと話すことが求められるので英語の練習にもなっています。
日本のお酒をすすめたり、料理の説明をしたり、お客さんと日本について話したりできるので楽しいです。
こちらも退勤後にまかないで美味しいものをいただけるので食には困りません。感謝。

レストランでの接客の英語はリゾートバイト中でも使用していましたがより実践的に使えているのが良いですね。
関連記事

22:00帰宅
持って帰ってきたまかないを食べたり、ネットフリックスでTVドラマを観たり、ブログを書いたり、読書したり。
元気がある時はネイティブキャンプのレッスンを受けます。

24:00就寝
軽く日記を書いて就寝。

週末
週末はだいたい
友達とフリーマントルで遊んだり
日本語のレッスンをしたり
ボランティアで日本語レッスンのアシスタントをしたり
一日中部屋にこもってブログを書いたり

特に決めずに色々しています。

日本にいたころよりもあくせく働かずとも生きていけるのでゆるーく過ごせていますね。
生きていける分を稼げば大丈夫、という安心感が出てくると
心に余裕が生まれて興味のあったものにチャレンジしたりなどしています。

オーストラリアに来て、日本では気づかなかった人らしい生き方を教わっているような気がします。

貯金ゼロだった私がオーストラリアにワーキングホリデーに来れたのはホテルに住み込みで働くリゾートバイトで家賃・光熱費・食費を浮かせながら貯金ができたから。
8ヶ月で約120万円ほど貯めることができました。
リゾートバイトに関する記事はこちらに書いています。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事