noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

NPO法人soarが運営するウェブメディアsoar(ソア)の編集長の工藤 瑞穂さん
soar(ソア)|人の持つ可能性が広がる瞬間を伝えていくメディアプロジェクト

「soar(ソア)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。

私はsoarの記事が好きでよくサイトを見ています。
気持ちばかりですが寄付もしてみました。
記事を読んでいると優しい社会をつくろうとしているのが伝わります。

関連記事「自分には何もない」そんな時こそ心が踊る方向へーいじめがテーマの映像作品に出演した、18歳のタップダンサー中野目崇真さん
関連記事“より良くする”だけが人生じゃないから、涙だって大事。自身の特性も弱さもまるごと受け入れて生きる小竹めぐみさん
関連記事私はひきこもりだった。今でも人と関わるのは怖いけど、人との出会いは悪いものじゃないって思うんです。ひきこもりUX会議・恩田夏絵さん

一般社団法人Colaboの代表仁藤夢乃さん
一般社団法人Colabo

Colaboでは、中高生世代の女子を対象に相談、食事提供、シェルターでの保護・宿泊支援、自立支援シェアハウスの運営、講演・啓発活動などを行っています。

家に帰りたくない。誰にも言えない悩みがある。など、一人で抱えていませんか?Colaboには、一緒に考える仲間がいます。話したことを許可なく誰かに伝えたり、保護者に連絡することはありません。いつでも、気軽に連絡してください!

私たちの活動は、一人ひとりの想いに支えられています。中高生を支える仲間になってください!

家に帰れない理由を持つ女の子たちにご飯を食べたり眠る場所を提供したり、そして彼女たちに向き合う大人が必要だということを教えてくれます。

「大人はわかってくれない」「大人は信用できない」という声には、「向き合ってくれる人がいない」「信じてくれる人がいない」という想いが込められているのではないでしょうか。必要なのは、特別な支援ではなく、「当たり前の日常」です。

私たちは、出会う少女たちの伴走者となり、共に考え、泣き、笑い、怒り、歩む力になりたいと思っています。すべての少女が「衣食住」と「関係性」を持ち、困難を抱える少女が暴力を受けたり、搾取に行きつかなくてよい社会を目指して活動を続けます。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事