\ピンチ!になる前に/困ったときに知っておきたいメモ。

\ピンチ!になる前に/困ったときに知っておきたいメモ。

レイプ・性被害を受けた場合

性被害に遭ってしまった場合や、例えば大切な人や友人から性被害を告白された場合にどうしたらいいのか。
私がよく参考にしているのはCure TimeのTwitter投稿です。
どんなことが性加害にあたるのかを知ることができ、被害に遭った際の相談窓口でもあるので安心して利用することができます。
Cure Timeキュア タイム 性暴力の悩み、相談してみませんか?

性暴力ワンストップセンター

ワンストップセンターへの連絡
性犯罪・性暴力被害者のための ワンストップ支援センターの一覧|男女共同参画局

緊急避妊薬・アフターピルの入手方法

性交時に避妊に失敗した場合、緊急避妊薬・アフターピルを服用することで妊娠を防ぐことができます(100%ではありません)。
このアフターピルの効果があるのは性交後72時間以内と言われています。

避妊に失敗した場合、望まない妊娠を防ぐためには時間との戦いになります。

緊急避妊薬・アフターピル|PILCON

私も避妊に失敗した経験がありますが、婦人科を受診してアフターピルを処方してもらいました。
しかも安いアフターピルって副作用で吐き気や体調不良にもなりやすいんですね。
身体にとても負担がかかるものなので、あまりおすすめはできません。日常的に服用するものではなく緊急時に使うものだと思います。

普段から低用量ピルの日常的な服用(生理痛が軽くなると言われています)、コンドームを正しく着用することなど、避妊方法を男女ともに理解を深めていくことがとても大事だと思います。

アフターピルだと性交後72時間以内に服用しないと効果が得られない危険性があるため、土日など休日に必要となった場合に病院を受診できなくて手遅れになってしまうケースもあると思います。
望まない妊娠を避けるためにもアフターピルが手に入りやすくなってほしいですね。

家族と不仲などで家に帰れない理由がある

ハッシュタグ「#若者が無料でいられる場所おしえて」で無料でいられる場所を探そう

twitterでハッシュタグを利用して無料で過ごせる場所の情報がシェアされています。
#若者が無料でいられる場所おしえて
で自分の住んでいるエリアで無料でいられる場所がないか検索してみてください。

若者が無料でいられる『居場所』まとめ |twitter

家に帰れない10~20代の女性の支援を行うバスカフェを利用してみる

NPO法人Colaboでは家に帰れない理由のある10~20代の女性に食事の提供や携帯の充電ができるバスカフェを運営しています。
シェルターもあるので、泊まるところがない場合に宿泊先も手配してくれます。
NPO法人Colabo

ステップハウスなど若者支援のNPOや駆け込める場所を知っておく

家に帰れない理由がある人が宿泊できるNPOがあります。
例えば女性向けに家に帰れない事情がある人に衣食住の無償提供を行うNPO仮り暮らし(千葉県松戸市)のような場所を知っておきましょう。

また、神奈川県横須賀市にある一般社団法人アマヤドリのように経済的に困窮している若者向けに自立支援を行うステップハウスを利用して実家を離れてサポートを受けながら自分の未来を考えて準備をできるようなところもあります。

シェアハウスに住む選択肢を持っておく

空き家を活用した若者を応援するシェアハウスも増えてきています。
月3万円前後で入居できるところもあるようです。
Kakedasu®について
入居者募集

生活費に困っている

残酷だが給料よりも生活保護費の方が高い場合がある。

もし自分が生活保護をもらうとした場合に、もらえる生活保護費を計算してみましょう。
現在の収入額によっては生活保護を受けた方が良い場合があります。

生活保護 金額 自動計算|布施弘幸 行政書士事務所
こちらのフォームに入力して計算すると自分がもらえる生活保護費の額を知ることができます。
現在の収入よりもらえる生活保護費の方が多い場合には生活保護を受けることを検討しても良いかもしれません。

女性向けに相談窓口を設けているところに話してみる

都内では女性による女性のための相談会実行委員会(@sodanforher2021)が行われています。
野菜やお米などの食料が無料でもらえたり、生活で困っていることを相談できます。

失業・減収で家賃を払うのが大変

住居確保給付金と制度

住居確保給付金じゅうきょかくほきゅうふきんといって
失業・減収した場合に家賃を市が一部負担してくれる制度があります。

私も2020年4月頃にコロナウイルスで失業したため申請したところ3ヶ月分で約21万円を市が負担してくれました。
現在、延長もでき3ヶ月〜9ヶ月まで延長ができるようです。

食べるものに困っている場合

フードバンクを利用する

生活保護を受けていない方でケアワーカーに相談後、フードバンクから食糧支援を受けることができます。

畑をやってる農家さんに直交渉

近くに畑をやってる農家さんがいるなら直接交渉して
2〜3時間お手伝いするので野菜を分けてもらうのもいいかもしれません。

仕事・職場がしんどい

これってパワハラ?セクハラ?労基法違反?労働組合に相談する。

一人でも加入できる労働組合があります。
派遣ユニオン
相談できる人が誰もいないとどんなことが違反になるのかがまず分からない・判断できない場合もありますよね。
「これってパワハラ・セクハラですか?」
「違法でしょうか?」
と相談できるのが労働組合です。

この職場のやり方が普通ではなく異常であると分かると
転職にも踏み切れますよね。

転職して職場を変えるのも選択の一つですが
労働組合と一緒に闘うのも後に続く人のためにできる、とても意義のあることだと思います。

私も以前派遣社員として勤めているときに労働搾取にあって
個別に派遣元に抗議して対応してもらえたのですが
他の派遣スタッフのことも考えると、労働組合などを通して闘うべきだったのではないかと思うときがあります。

転職したいけどスキルがない。職業訓練で新しいスキルを身につけよう。

今の仕事が自分のやりたいことではなく、転職をしたいけど学費を捻出するのが苦しい…という場合。
自分が今雇用保険に加入していればそれを原資に失業手当でお金をもらうことができたり、職業訓練といって再就職を目的とした無料の専門スクールで学ぶことができます。

私も数年前に勤めていた会社に雇い止めにされて失業した際に、このままの自分で転職するんじゃなくてもっと技術や知識を身につけて強い自分になりたい!と思って
職業訓練を活用して6ヶ月間ほど都内のWEBデザインの企業が実施するスクールに通ってWEBデザインを学びました。

当時は失業手当でお金をもらってましたし(私の場合は雇い止めの会社都合退職だったので長期間もらえました)、職業訓練の給付金で月10万円程度もらっていたので、アルバイトと並行しながら通って、同じような志を持つ方々と知り合って切磋琢磨しながら学べてとても良い時間でした。

その後、ホテルの仕事なども経験しましたがコロナ危機で失業し、EC業界に転職したので職業訓練で学んだことは無駄ではなかった…!と感じています。

結構雇用保険って失業した際に加入していると救われることがあるので、アルバイトでも条件を満たすなら加入しておいた方がいいと思います。
加入させないような事業主の元では絶対働きたくないなと思いますね。