【新型コロナで申請増加】住居確保給付金の申請が通った話

新型コロナウイルスで仕事を失ったり、シフトが減少して収入が減ったため、住居確保給付金制度を申請する方が増えているようです。
我が家も住居確保給付金制度を申請しました。

川崎市:住居確保給付金事業

3人世帯で、母と私が失業&減収状態になったので収入が減少したことを銀行の残高証明書などを添付し上限の69,800円が3ヶ月給付を受けられることに。

69,800円×3ヶ月分=209,400円

不動産仲介会社と貸主の大家さんの記入が必要な書類もあり、書類を用意するまでに時間を要しましたが申請して良かったです。
3ヶ月間で約21万円も家賃を払う必要がなくなり、負担が軽くなっただけでも仕事を探したりできることが増えるので。

特に支出の中に占める家賃の割合ってすごく大きいですし負担になるものです。
特別定額給付金の10万円なんて、税金や家賃や食費で一瞬で消えてしまいます。

新型コロナウイルスが日本でも感染拡大する前からいざという時のために生活に困窮したら利用できる制度を調べていたのでこの「住居確保給付金制度」の存在を知っていました。
まさか利用する時がくるとは思いもしませんでしたが…
新型コロナで収入が減った人が多い中、住居確保給付金の制度はもっと周知されるべきですしもっと申請が簡素化されるべきだとも思います。

でもとりあえず申請がおりて良かった。

励まし合うグループに参加しませんか?

10〜30代の女性で社会に対するもやもやを抱えていたり、前向きに人生を歩むための同志が欲しいと考え自助グループをつくりました。
社会の問題を共有したり、痛みや悩みをシェアしたり、様々なワークショップを通して自分のやりたいことを見つけたり。
心のよりどころのような場所にしたいと考えています。一歩を踏み出す仲間を募集中です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事