新型コロナウイルスで生活が困難になった場合に利用できる制度

コロナウイルス(Covid-19)の影響で収入が減ってしまったり、職を失って生活が困難になった場合に利用できる制度が色々あるそうなので調べて申請してみることにしました。
自分用メモに書き留めています。

自分がどの制度を利用できるか調べてみよう

新型コロナ 対策支援制度まとめ
yahooの補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです
個人向け自分の住んでいる都道府県で条件を絞って受けられる支援などを探しましょう。

給付金、貸付、猶予、減免の違い

給付金きゅうふきん
もらえるお金。返す必要のないお金。

貸付制度かしつけせいど
お金を借りる。つまり借金のこと。緊急時のもので利子がないものが多いです。

返済猶予へんさいゆうよ
返済をいったん待ってもらい、返済できるように生活が落ち着いたらまた返済を行う。
返済する額が減るわけではない。

減免げんめん
納めたり払わなければいけないお金が減ること(減額)、支払いをしなくても良しとされること(免除)

なたりー
色々な制度がありますが、給付や貸付でも返済が必要なものなど意味合いが変わってきます。よく調べて利用しましょう。

新型コロナウイルス対策の公的な支援制度

赤旗しんぶん日曜版にコロナウイルスで暮らしや経営が困難になった方向けに使える公的制度がまとめられていました。


個人向け

  1. 休業支援金・給付金
    休業手当がない中小企業の労働者に賃金の8割を支給
  2. 休校に伴う補償 子育て世帯向け
    子どものために仕事を休んだ保護者を対象に助成
  3. 10万円の特別定額給付金
    国内に住むすべての人に一律一人10万円を支給
  4. 学生への支援 学生向け
    低所得世帯に授業料減免と給付型奨学金
  5. 住居確保給付金
    家賃の3ヶ月分を支給、最長9ヶ月分まで延長
  6. 生活福祉資金の特例貸し付け
    収入減の世帯に最大140万円。非課税世帯は返済免除。
  7. 生活保護
    憲法に基づく権利。首相もためらわずに申請するよう表明
  8. 国保料(税)の減免
    収入が前年比3割以上減の見込みで全額〜2割減免

事業者向け

  1. 家賃支援給付金
    売上高50%減等で法人600万円、個人事業者300万円
  2. 雇用調整助成金
    日額上限を1万5000円に引き上げ
  3. 実質無利子・無担保融資
    売上高5%以上減などで3年間実質無利子
  4. 税・社会保険料の猶予
    収入がおおむね20%以上減で納付を1年間猶予
  5. 固定資産税・都市計画税の減免
    収入50%以上減でゼロ、30〜50%減で半額

申請書の書き方などが複雑で困った場合、自分が住んでいるエリアの共産党の議員さんに連絡すると相談に乗ってくれます。
申請してももらえるかどうか分からず不安になるかもしれませんが、助成金や給付金が得られればラッキーですしまずは申請してみることが非常に大事だと思います。

私が実際に申請してみた制度

  • 特別定額給付金 10万円 申請済→取得
    住民票に登録している人ならみんな受け取れる給付金です。
  • 住居確保給付金 申請済→給付決定
  • 奨学金の返還期限猶予 現在申請中

特別定額給付金
特別定額給付金は住民票の登録がある世帯主宛てに給付申請用の書類が届きます。
我が家は6月上旬に申請して7月上旬に振り込まれました。

住居確保給付金じゅうきょかくほきゅうふきん
住居確保給付金は減給・失業した場合に家賃の一部を給付してもらえる制度です。
我が家は母も減給、私も仕事を辞めることになり失業状態にあったので申請をしました。
新型コロナウイルスの影響で証明書類や手続きが緩和化されているようです。
銀行の残高証明や大家さんと仲介してもらっている不動産業者に署名・捺印してもらう書類があります。

3人世帯で上限額の69,800円×3ヶ月分=209,400円が支給されることになりました。
申請月の世帯収入によって支給される額が決まるそうです。
給付金は家の貸主である大家さんの口座に直接市から振り込んでくれるとのこと。

申請書は市区町村や団体のホームページからゲット

申請書はだいたいその市区町村のホームページや団体のホームページにPDFデータがダウンロードできるようになっています。
セブンイレブンのねっとプリントで印刷して、記入&必要な書類を用意→郵送します。

単発・日払いの仕事を探すなら

プロフィール登録をして面接なしですぐ単発の仕事をはじめられる仕事検索アプリ
単発バイトアプリ「シェアフル」すぐ働けてすぐお金がもらえるスキマバイト・単発バイト タイミー

ピンチな時に知っておいてほしいリンク

ひとりじゃないよプロジェクト
コロナ危機で困っているシングルマザーと子どもに支援を!女性や子どもたちを支援している団体の情報を紹介しています。

稲葉剛公式サイト いのち・すまい・けんり-貧困の現場から社会を変える
つくろい東京ファンド
「ハウジング・ファースト」の実現のために活動されています。

LGBT支援ハウス

つながる電話
本人負担ゼロの携帯電話を使って「住まいや仕事につながる」を実現するプロジェクト

住むところを見つけて契約したり、仕事を見つけて働くためには携帯電話の番号が必要なことが多いです。
しかし大手キャリアの携帯は契約するとなるとコストがかかるもの。
こちらのプロジェクトでは利用料無料で携帯電話を貸してくれるようです。

食べ物支援
新型コロナで開催不可の子ども食堂。代わりに「24時間オープンの無料食糧庫」をつくります
徳島県で無料で食糧を提供するフードストレージ活動をされています

フードバンクかわさき 餓死と生活苦からの自殺をなくすために。
神奈川県でもありました。
「各地方名 フードバンク」と検索すると、団体のサイトにたどり着けると思います。


千葉県の西部で学生さんに向けたコロナウイルスの支援をしている団体がありました。

生活保護を申請する
生活保護は権利です “申請ためらわないで” 田村副委員長に首相明言

生活保護の申請をしてみよう!【生活保護申請のやり方・その2】

生活保護やその他の行政に申請すること、生活に困窮した際にはお近くの日本共産党の議員の方に相談すれば利用できる制度を教えてもらえたり、サポートもしてもらえると思います。
日本共産党

仕事先でコロナウイルスになってしまった場合
会社でコロナに感染したら、損害賠償を請求できる? 厚労省は労災保険を適用へ
コールセンターなど、3密(密閉・密接・密集)を避けられないような職場での業務でコロナウイルスに感染したと思われる場合には労災扱いになるとのこと。
無料労働相談窓口や労災ユニオンへの相談の情報も載っている。

みんな、生活のために働きに出るしかない状態。
そんななか、コロナウイルスの感染の危険に晒しながら働いている。
国が、早く感染を抑えたいと思うのなら企業に休業補償をしてきちんと休ませ、検査を拡充して経路を把握することだ。
こんな傷つきながら、命を危険に晒しながら、国に守ってもらえず感染したら自己責任となりゲームオーバーになるような社会は間違っている。

悪夢を見ているようだ。
自分の国にこんなに絶望させられたことはない。

それでも、今日も明日も明後日もこの国で生きていかなければならない。
ならばせめて、這いずってでも生き延びましょう。

励まし合うグループに参加しませんか?

10〜30代の女性で社会に対するもやもやを抱えていたり、前向きに人生を歩むための同志が欲しいと考え自助グループをつくりました。
社会の問題を共有したり、痛みや悩みをシェアしたり、様々なワークショップを通して自分のやりたいことを見つけたり。
心のよりどころのような場所にしたいと考えています。一歩を踏み出す仲間を募集中です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事