昔プレイした思い出のあるゲームの話をしましょう。

PS2のソフトでサガシリーズのアンリミテッド:サガというタイトルがあります。
私が初めてプレイしたときは驚きました。


操作方法やゲームの仕組みがチンプンカンプンで別売の分厚い攻略本が「説明書」と呼ばれるゲームだったんです。

ダンジョンでの回復方法がわからなくてジュディ編の樹海で迷い・HP回復できないで早々にゲームオーバーになりました。
(ちなみにアンサガでの回復は回復魔法のピュリファイ、もしくはアナログコントローラースティックを垂直にカチッと押すと1ターン消費して回復することができます)

アナログコントローラーを垂直に押すだなんてこれまでプレイしたゲームで使ったこともなかったから想像もしませんでした。(説明書読まないしね…)

主人公が7人いてそれぞれのストーリーで冒険を進めていきます。
主人公たちのストーリーが交差するシーンもあるのも彼らに関係性を持たせているところが好きです。

成長パネルのやり込み要素
成長パネルがあり、ダンジョンをクリアすると冒険中の頑張りで得られるパネルが変化します。
術師に魔道板のパネルを持たせて新しい技を習得したり。
体術や武器の技が閃きやすくなるパネル、あとはダンジョンの障害物を乗り越えるためのスキルが上がるパネル…
この成長パネルシステムのやり込み要素がアンサガが長時間プレイになる理由かなと思います。

とてもやり込みがいのあるスルメ系ゲームなのですが
その初見でのプレイのしにくさからあまり世の中でヒットしなかった残念な部分があります。

しかしグラフィックや音楽も素敵で冒険の世界観に引き込まれた素敵な作品でした。

最近spotifyでアンサガのサウンドトラックを見つけて思い出に浸りながら聴いていたんです。
「バトルテーマEX」カッコ良いよねぇ…痺れる…

youtubeで素敵な動画を見つけました。


BGMの「バトルテーマEX」をハーモニカで表現している動画です。
鍵盤ハーモニカでここまでできるの…!?


アンリミテッド:サガのキャラクターではヴェント編のティフォンという女性が好きです。
ティフォンに長剣持たせて「転」という技を使わせるのが好きでした。

七大驚異は神のテーブルが好きかな。あと二つの龍の神殿。

サガシリーズは戦闘で新しい技を覚えるひらめきの瞬間が気持ちいいよね。。ピーン!って。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事