毎年観たくなるアニメの話。
大好きだったアニメは今の自分の人生にも多くの影響を与えています。
そんな大好きだったアニメを語っていきます。。

ラーゼフォン 「ブルーフレンド」

独特な雰囲気のロボットアニメ「ラーゼフォン」、あまり知られていない作品かもしれません。
ちょっと複雑なSFの設定のせいもあるのかな。少しネタバレしつつ大好きな「ブルーフレンド」の回について話します。

ラーゼフォン あらすじ
21世紀初頭の東京。母子で暮らす高校生・神名綾人は、模試会場に向かう途中に突如上空に現れた謎の航空部隊の攻撃に遭遇した。破壊された街で、綾人は自分の描いた絵に酷似した風景の中で、不思議な少女・美嶋玲香に出逢う。玲香に導かれるようにして地下鉄に乗り、神殿にたどりついた綾人は、卵から巨大な人型の存在「ラーゼフォン」が出現する瞬間にめぐりあわせた。「真実を見せる」その言葉に従って、謎の女性・紫東遙とVTOLで東京を脱出しようと試みた綾人は、玲香に導かれてラーゼフォンに同調、体内へと入っていく。ついに目覚めのときがきた。超兵器ドーレムを粉砕したラーゼフォンは、そのまま東京から飛び去っていった。外から故郷を見た綾人は、そこに巨大な木星のような「TOKYO JUPITER」を目撃する…©2001 BONES・出渕裕/Rahxephon project

Amazon Prime Videoより

東京ジュピターという5年の時間のズレが生じる現象が起き、当時好き同士だった神名綾人と遙は離れ離れになってしまう。
綾人は時間が止まった世界の東京ジュピターに、遙は普通の世界で年を重ねて大人になる。
若いままの綾人と、先に大人になってしまった遥とのSF年の差恋愛物語でもあります。

ロボットアニメなのでその東京ジュピターの人々(青い血のムーリアン・ドーレム)VS外の世界の人(TERRA・ラーゼフォン)という構図になります。
綾人はラーゼフォンというロボットに乗り、ドーレムという敵と戦うようになります。

東京ジュピター内にいる人々は青い血が流れていて、外の世界に出てTERRAの入っていた綾人が友人の朝比奈浩子が東京ジュピターから出てきたことを知り匿って過ごします。
ラーゼフォンの操縦者としてはTERRAに必要とされているけど、それを抜きにすると自分が非力なただの人であることの無力感とか。
自分はTERRAでラーゼフォンを動かすパイロットとしてなら居場所は用意されて、ご飯もあって暮らすに困らないけど、
一歩組織を抜けると、朝比奈一人救うこともできないんだ…となる綾人くん。
なんかこういう青くささ、無謀さというか、、若さっていいなぁと思いましたね。

自分が過ごしていた世界が実は東京ジュピターという時が鈍速で進む世界になってしまっていたこと。青い血になってしまう人々(自分も含めて)が変わっていったことへの戸惑いや恐怖を抱えていて、それでも綾人が好きでその気持ちだけを頼りになんとか東京ジュピターから抜け出して追いかけてきた感じなんですよね。
東京ジュピター内でチャラめな鳥飼守に好かれていた朝比奈は、彼のその気持ちにこたえず綾人くんの元にきたわけです。
綾人くんは遥ちゃんのことが好きだから叶わない恋だって分かっているけど、綾人のその優しさに甘えて最後にわがまま言わせてもらって、恋人っぽいことしようとするのがまた切ないな〜…となるんですよね。

ラーゼフォン第18楽章「蒼き血の絆」、第19楽章「ブルーフレンド」を観ると切なくて毎年夏になると観たくなる作品です。

ラーゼフォンといえば綾人くんの母親役の橋本一子はしもといちこさんの演技と、エンディング曲の「夢の卵」が最高なんです。。
日本語を話しているのにフランス語に聞こえるんです。耳触りが良い声で、なんか魔法みたい。

橋本一子さんは音楽家なんですよね。
その後「峰不二子という女」のオープニングも担当されてます。

あとラーゼフォンってビジュアルの絵がどれも美麗なんですよね。イラストを担当されているのは山田章博さん。
十二国記の原作の表紙なども描かれているので、ピンとくる方も多いのではないでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事