noteで音声配信を始めました!
リゾートバイトやオーストラリアへのワーキングホリデーについて配信しています。
フォローしていただけると励みになります。

スポンサーリンク

年金2000万円問題に見る国民の金融リテラシーの低さ

老後は2000万円ないと生活ができない
そのニュースに国民がデモを起こしたりと怒りの声をあらわにしている。

参考記事老後2000万円問題、日本全国で「ある勘違い」が蔓延しているワケ
医療技術が発達し、平均寿命が延びた。
総じて年金を受給する人・年数が増えたことが年金制度が維持できない理由だと言われている。
年金制度をとる先進国がどこも抱える問題だ。

スポンサーリンク

老後は年金だけでは生活できない。さぁ、どうする?

年金制度ができた当時は働かずに「年金暮らし」をするのはだいたい12年ほど
現在では60歳の人の約4分の1が95歳まで生きると言われている。

私たちは「人生100年時代」に突入しようとしている。
定年退職が60才だったら、残りの40年をどう過ごすか。

退職後の40年を働かずに過ごせる財産を現役中に形成するか。
それとも60才を過ぎても働いて、お金を得るか。
色々な選択肢がある。

年金制度が維持できない、働かずに年金だけで生活するのは難しいと言われている今
国の制度だけに頼るのは非常にリスクがあるので私は国におんぶに抱っこは避けた方が良いと思う。

国がなんとかしてくれる、と考えているともし不足の事態が起きた時に自分の人生を翻弄されてしまうからだ。

年金はオマケ程度に考え、自分の力で財を築いていこうというマインドが必要だと思う。
年金は払っておけばもし自分がなんらかの事故で障害を持った時に障害者年金として年金を受給できる資格が得られるので払っておくと良いことがある。

国民が怒っているのは今の生活自体が困窮していて、老後のために2000万円も準備できないと怒っているのだ。
もし賃金が高ければ、所得がもっと増えれば。
もっと自分のために使える時間や経済的な余裕があれば。
そして金融の知識をもっと身につけて自分で資産運用・形成を行える財布の余裕があれば老後を過ごすための行動ができるだろう。
今回のデモを起こす人々は低賃金で日々暮らすのでやっとなのに!という不満の気持ちが大きいのではないだろうか。

でもこれは国が国民に対してお金のことを教えて来なかったことも問題にあると思う。
将来どれだけのお金が必要になって、普通に労働をしてお金を稼いで貯蓄するだけでは銀行のマイナス金利においてはお金が増えることはない。

お金を「貯める」だけではなく「増やす」金融教育をしてこなかったのだ。
だからみんな不安になるし国に対して怒りが爆発するのだ。

国は義務教育で国民に対しお金の知識を身につけさせるべきだと思う。
そして今から金融リテラシーを身につけるのも遅くない。私もまだまだビギナーだ。

スポンサーリンク

マネーリテラシーを高める

今ここから金融リテラシーを身につけていくことも可能だ。
私もまだまだビギナーである。

さぁ、ビギナーはどう学んでいくべきか。
突然金融商品を買うのではなくしっかり正しい知識を身につけてから投資を始める方が良いと思う。

参考リンク金融広報中央委員会 知るぽると

お金のことを学ぶのに良いサイトです。私も気になったトピックをつまみつまみ読んでいます。

銀行に預けているだけではお金は増えない。「貯める」と「増やす」のバランスが大事。

カンタンな金利計算に挑戦しよう!

銀行にお金を預けていてもお金が増えることは微々たるものだ。現在の平均の金利も0.02%〜0.03%ほどだ。
マイナス金利でお金が増えることはない。100万円預けていたら一年で200円。
オーストラリアは0.2%〜、ニュージランドは0.14%
マレーシアは3.85%、高金利だ。3%以上が普通らしい。
【新興国×高金利通貨】マレーシアの銀行から定期預金利息32万円相当が振り込まれた。インフレリスク・為替リスクなんか知らん!

というわけで、日本においては銀行にお金を寝かしておくことは増える可能性が全くない。
必要分のお金は銀行に寝かせて、リスクを取れる分のお金は投資に回してお金を増やすために流動させた方が良い。

投資のためのタネ銭(資金)を作るためのマインドセット

投資のためのタネ銭(資金)を得るためには収入を増やし支出を減らすことが重要だ。
その考え方さえ分かっていれば、自分の収入と支出のバランスを俯瞰して見ることができるのではないだろうか。

収入を増やすためには

  • 労働でお金を得る
  • 本業以外で自分のスモールビジネスを持つ

支出を減らすためには

  • 固定費を見直す(家賃・通信費・保険)
  • 減らせる費用を削る(交際費・服飾費)

シンプルだけどこれを意識して実践することで自分の手元にお金が残ると思う。

例えば収入の大部分を占める住居費(家賃)を節約するためにはどうしたら良いか?
実家で暮らしたり、シェアハウスに住めば安く抑えられるかもしれない。
私が働いていたホテルに住み込みで働くリゾートバイトは住居費・光熱費・食費がほぼ無料で働いたお金のほとんどを貯金に回すことができた。
住居費を抑えるための一つの選択肢だ。

通信費については私はフリーSIMスマホ(iPhone6S)+格安SIMで通信費を抑えている。
現在は海外留学前の一時帰国中なのでデータ通信SIMを2500円ほどで購入し(10GB、期限なし)通話アプリ(基本無料)と併用しているのでかなり安く済んでいる。

何より経済的な安定は気持ちの余裕にも繋がる。

自転車操業でその日暮らしのような生活をしていると常にお金が足りないことに縛られてしまう。
今生きることに必死で、1年後、10年後、老後のことも考得る余裕もないのだ。

経済的な安定を得られると新しいことに挑戦してみようとか新しいビジネスを始めてみようとか未来のことを計画ができるようになってくる。
より豊かな人生を送るためにも、経済的安定を手に入れることは非常に重要なことだ。

楽しくお金のことを学べる良書


ということで、お金を「貯める」「増やす」を今後も書いていこうと思います。

それではまた次の記事で会いましょう。

スポンサーリンク
あなたのやりたいこと。リゾートバイトで実現できるかも。

私はワーキングホリデーのための資金はホテルに住み込みで働くリゾートバイトで貯めました。
家賃・光熱費・食費がほぼ無料。
稼いだ分だけ貯金に回せてよかったです。リゾートバイトを8ヶ月間ほどして、100万円以上を貯めることができました。
全国にあるホテルから自分の働きたい場所も選ぶことができるのでオフの日は観光を楽しんで旅をするように働くことができました。
もしあなたがやりたいことがあってそのためにお金が必要なのであればリゾートバイトはおすすめの働き方です!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事