毎年観たくなる思い出のアニメってありますか。
私は青春時代はアニメ漬けで過ごしていたので思い出のアニメを掘り返して毎年観ています。
そんな作品のことをちょこちょこ語っていきます。

彼氏彼女の事情

大好きなアニメの彼氏彼女の事情。通称「カレカノ」です。

原作は津田雅美さん。アニメ制作はGINAXです。エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明あんのひであき監督が担当しています。
アニメーションキャラクターデザインは平松禎史ひらまつただしさんです。
私はアニメ版カレカノをこんなに好きになることができたのは平松さんのキャラデザのおかげなんじゃないかなと思っています。
原作の漫画は漫画の素晴らしさがあるけど、アニメーションでいかせるデフォルメ感とか雰囲気の出し方がとても魅力的なんですよね。

音楽は鷺巣詩郎さん。カレカノのBGMもすごくいいですね。

彼氏彼女の事情 あらすじ
宮沢雪野は、優等生を演じずにはいられない超・見栄っぱり。その本性を、完璧な優等生・有馬総一郎に知られてしまう雪野。しかし、それをきっかけに、二人は互いに惹かれていく…。©津田雅美・白泉社/GAINAX・彼2団・テレビ東京・テレビ東京メディアネット
Amazon Prime Video

県立トップの公立進学校に入学した成績優秀・容姿端麗・人あたりの良い性格で周りから評判のある宮沢雪野は実は仮面優等生、有馬総一郎は宮沢と同じく非の打ちどころがない完璧な優等生だが実は親が蒸発して叔父夫婦のもとで育った悲しみを背負っていた。そんな二人が惹かれ合い、そして魅力的な同級生たちとの関わり合いから成長していく学園恋愛人間群像劇みたいな感じですね。
私はキャラクター的には真秀さんが好きですね。雪野とのバトルや真秀さんの恋愛の話も好き。

カレカノはDVD BOXが家にあって、原作も全巻読みました。
アニメは原作の途中まで話が進んでいるのですが演出も面白くて楽しいですね。

とくに宮沢雪野のお父さんの話が好きです。
「永遠の点綴てんてい

洋之は両親を早くに亡くしていて、祖父と二人暮らしで生活していました。

「年寄りとの生活はどこか切ない」
「早く大人になって、ラクをさせたかった」
と語る洋之。

高校卒業後は頭がいいのに進学ではなく就職を選び、稼いでじいさんをラクにするぞと思っていた矢先に祖父が他界する。
何もしてあげられなかったと悔やむ洋之に年下の幼馴染の都香が子供が生まれて育ってくれるだけで、親はそれでいいと思っているはずよ。
ひろちゃんのおじいさんもたくさんの愛をひろちゃんからもらっていたはずだよ。
と愛について話す都香が「私じゃおじいさんの代わりになれないかな?」申し出て、都香の卒業を待って二人は結婚する。

その後雪野、月野、花野と3女に恵まれてすくすくのびのび育っていく子どもたちを見守る洋之がいいな〜と
「愛は拡がっていくものだから」って言葉にジーーーーンとくるんです。

そんな洋之と都香のような夫婦だからこそ、優等生だった雪野が有馬と交際をして成績が下がり、両親が学校に呼び出されて「君たちは優秀でこれから日本を背負う人材だ。今は恋愛にうつつを抜かすべきじゃない。道を踏み外してしまう」と言われて洋之が「どうして先生は道を踏み外すと思うんですか?」と愛と自由さを与えて子どもを信じてあげられるんでしょうね。。
それは、自分が祖父や、都香や大切な人からもらった愛がつながっているんじゃないかと思いました。
父ぃ〜〜〜〜〜〜〜〜!
娘ラヴ! って子煩悩になるのも可愛いですよね。。素敵な家族だよ宮沢家…

DVDボックスの各巻のブックレットも読み応えあるのでおすすめです。
制作にまつわるTipsがたくさん載っていて、アニメカレカノワールドが膨らむこと間違いなしです。

当時、カレカノの出演者はアフレコ慣れをしていなかったので
役者の演技に絵を合わせるセミ・プレスコという手法で制作されたそうです。そのため、録音後に一手間絵を加えて絵と声を合わせていたそうです。
ディズニーは先に役者に演技をさせてから絵を作るのでプレスコ、カレカノのような手法はセミ・プレスコというそうです。

dアニメストアで「彼氏彼女の事情」を観る

ちなみにカレカノのモデルは川崎市の武蔵小杉周辺なんです。
エンディングの動画は毎回違っていて、実写で電車の窓から見える風景を撮っているんですがまさにJR南武線でしたね〜…
川崎市に住んでいたので、「カレカノの町だ…!」と思ってわくわくしました。

高1の夏休みに雪野が椿たちと遊びに行ったのは川崎のラ・チッタデッラ、地下街のアゼリアを歩いているような描写もあったように思います。
川崎駅構内の案内標識とかも「ああ〜川崎じゃないか〜!」と思いますね。
今はさいか屋はなくなってしまいましたけどこの風景わかる〜!となれますね。

原作カレカノは心理描写が素晴らしく、言葉のひとつひとつが詩的で、文学的だなと感じていました。
カレカノについてウィキペディアを見ていたらこんなことが。

評価
宗教学者の大田俊寛は、精神科医ジュディス・ハーマンの『心的外傷と回復』の記述に照らしても、本作品は、「幼児虐待を受けた主体が成長の過程でどのような人格を身に付け、どのような契機で回復しうるかということを見事に描き出している」と評し、ほとんど想像力だけでこれほど深く心理的現実に迫った作者の想像力を称賛している[2]。
彼氏彼女の事情 ウィキペディア

カレカノ後半の有馬編はとくに有馬の幼い頃の虐待の記憶と家族との関係についての描写が多く、苦しい思いもするけれど克服し救われるのですが
学問的に見ても、この有馬が心が救われるまでの通る道や経験がとてもリアルであること、これを想像の力で描写したことを称賛しています。
津田雅美さん、本当にすごい方です…

アニメ「彼氏彼女の事情 Blu-ray BOX」特集 宮沢雪野役・榎本温子インタビュー

宮沢雪野役の榎本温子さんのカレカノについてのインタビューです。
カレカノのオーディション時は真秀役で受けるように言われていたけど自分のパーソナリティに近いのは雪野だと思ったから思い切って雪野役も受けたそうです。すごいですね。
鈴木千尋さんとの信頼関係などもお話を聞いてるとアニメカレカノの制作現場の空気も感じられて面白いですね。

あと原作は全21巻で、アニメは文化祭の劇が始まる前で終わります。
文化祭以降の原作は有馬が自分の出自と向き合う話になるので、榎本さんも雪野の視点で読んでしまうから有馬にとって過酷な話が多くて完結するまで読むことができなかったとというのも、わかるなぁと。

「カレカノ」庵野秀明編集映像を街頭ビジョンで解禁、雪野役・榎本温子「私の青春」

Blu-ray BOXも発売しているそうです。今だから語られるあの頃のカレカノについてのブックレットも気になる…!

どのキャラクター視点の話でも、津田雅美さんの描写いつも本当に素晴らしいんですよね。
いつまでもカレカノは人生にとって大きな影響を与えた作品です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事