なたりー
9月は労働して焼き芋食べてたらおわっちゃったよ。なたりーです。

口だけじゃなく行動を起こせる人はカッコいい。

世の中を良くしようとする団体や組織がある。
仲間と連帯し大きな声となることも重要なことだ。

だがたまに「組織に属しているだけで満足してしまっている人」を見かける。
なんというか口だけで、尊敬することができない。行動が伴っていないのだ。

私は今目の前で困っている人に手を差し伸べて助けてあげている人の方がえらいと思うんだよね。

例えば結構壮大なテーマで声をあげるじゃないですか、環境破壊を止めよう〜とか、賃金上げろ〜とか。

「じゃあ個人でできるレベルであなたはその問題を解決するために何をしているの?」
と問いたくなる。

まぁみんなできることとできないことがあるのは承知なんだけど。

ただ声をあげるだけじゃなくて、すでに草の根運動で活動されているところに行ってちゃんと自分の手を動かしたり実際に問題と向き合ってよく知ることが大事だと思うんですよね。
行動を起こせる人って、本当にすごい。
ただ声をあげるだけじゃなく、もっとたくさんのエネルギーを使って問題と向き合ってるもの。

いろんなレベル、向き合い方で良いとは思うのだけど。
私は行動できる人を尊敬する。

私も小さなアクションを積み重ねていきたい。

かつての自分に「大丈夫だよ」と言ってあげることが自分のリハビリになる

心の傷を抱えた人が、「自分と同じようにつらい思いをしている人を助けてあげたい」とサポートを行うケースは多い。

今ボランティアでお手伝いをしているフードバンクのNPOの代表は自身も生活に困窮したりDVを経験したことからつらい人のためにできることをしたい。生きていて良いんだよと伝えることが自分自身のリハビリにもなっているのだと言っていた。

自分も当事者だったから、痛みを理解し共感してあげられる。

そういえば私が書いているこのブログもかつて社会で迷子になっていた自分に向けたものだった。
かつての自分に言ってあげたい言葉をこのブログに綴っている。
このブログを書いてどこかで泣いたり迷っているかつての私のような人に「大丈夫だよ」と言ってあげること。
これは私自身のリハビリでもあるんだと思った。

人によって、自分の心の癒し方や、アクションの起こし方は違っていて良いんだよね。

励まし合うグループに参加しませんか?

10〜30代の女性で社会に対するもやもやを抱えていたり、前向きに人生を歩むための同志が欲しいと考え自助グループをつくりました。
社会の問題を共有したり、痛みや悩みをシェアしたり、様々なワークショップを通して自分のやりたいことを見つけたり。
心のよりどころのような場所にしたいと考えています。一歩を踏み出す仲間を募集中です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事