生理用品が買えないほどに困窮している人がいる現実。

止まることを知らない我が国の消費税増税。
3%→5%→8%→10%とどんどん増税が進んでいきます。

消費税の歴史と創設の背景

なたりー
消費税が上がっているのに社会保障が全然増えないとか、法人税が下げられて大企業がウハウハ…というのは一度置いておきましょう。

生理用品が購入できないほどの貧困状態にある人がいる

経済的に困窮して生理用品を買うお金がなため、生理期間中に外出ができない人がいる。
それを「生理貧困」というらしい。

食べるものを我慢して生理用品を購入する。
2020年始めから日本でも新型コロナウイルスによるパンデミックが起こり
失業や減収による生活困窮者が増えました。

また、このコロナ危機は非正規職の女性に従事する女性を直撃している。
生理品を購入することをためらうほどに経済的に困窮している現実がここにある。

女性の体は、閉経を迎えるまで毎月生理がくるのでナプキン・タンポンを買う必要がある。
私も安い時に夜用・昼用を大量に購入する。
ナプキンがなければ血で下着が汚れてしまう。
履いてるジーンズやスカートに血がつかないかとひやひやし仕事どころじゃない。

生理用品が買えない、というのはかなり経済的に差し迫っている状況だと思う。

生理用品 一覧 | Amazon.co.jp
Amazonで調べてみたら夜用ナプキンだと1パック10枚入って360円くらいからでしょうか。
ドラッグストアだと2パックで300円くらいで売っていたりするよね。
血量は人によってばらつきがあるけど、私自身は毎月約1週間の生理で1パックは消費する。

少なくとも私は年間3,600円は生理用品にお金を使っているわけだ。

閉経は平均して50歳頃といわれている。

私は30歳になったのであと20年間、毎月生理を迎えるこの体のために72,000円はナプキンを購入するために費やす。
うわぁ、このお金を投資したら複利でいくらに増えるだろうか。。。

無料配布にしてほしいくらいだ。
スコットランドでは生理用品を無料で提供する法律ができた。
生理の貧困(Period Poverty)とは・意味
スコットランド、生理用品を無料で提供へ。「生理の貧困」をなくすための画期的な法律

日本でも、無料提供かせめて軽減税率の対象にしてほしい。

日本の学生たちが生理用品を消費税軽減の対象にすることを求める署名運動をしている。
「パンか生理用品か」消費税軽減、学生呼びかけ署名3万

生理用品を軽減税率の対象に――。東京都内の大学生、谷口歩実さん(22)が、ナプキンやタンポンといった生理用品の消費税を8%にすることを求め、インターネットの署名サイト「Change.org」で署名を呼びかけている。「生理用品は、子宮を持つ人が安心し、日常生活を送るための必需品。みんなで声を上げて社会を変えたい」。賛同者はすでに3万人を超えたという。

「パンか生理用品か」消費税軽減、学生呼びかけ署名3万

日々の生活に必要な食料品などが軽減税率の対象なのに生理用品が軽減税率の対象にならないの、おかしいよね。
【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

生理用品を軽減税率対象にしてください Change.org

私も署名した。
何よりこの貧困の現実を世間や政府に気づかせることに大きな意味があると思う。
よければあなたの力もお借りしたい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事