銀河英雄伝説の本伝3期までを観終えてすっかりヤン・ウェンリーロス状態になってしまいました。

そしてなによりヤン・ウェンリー役の富山敬さんの素晴らしさを知ってしまった。

伸びやかで味のあるハイバリトン、あたたかい人柄が出る深みのある声。

ヤン提督の優しいお兄さんのような、ユリアンと話すときは未来ある我が子に道を指し示すお父さんのような感じが本当に魅力的でした。

銀英伝を観ていて、ずっとヤンに惹かれていた理由は人の道を大事にし、優しく導いてくれる年長者だったからでしょうか。

自由同盟軍のメンバーたちがヤン提督を慕う理由は彼の天才的な戦術の才能だけでなく、民主主義の理念、人への思いやりが軸にある方だったからじゃないのかな。


ヤン提督がいつも飲んでいたブランデー入りの紅茶、ティーロワイヤルを飲んで思いを馳せる日々です。

ヤン・ウェンリーを演じられた富山敬さんは1995年に56歳の若さで亡くなっています。

当時はちびまるこちゃんのおじいちゃん、友蔵役を務めていたそうです。
収録後に目の調子が悪いと言って病院にいったところ、末期の膵臓癌でした。

多忙で仕事に穴を開けてはならないと、なかなか病院にかかれなかったのかもしれませんね。。

ちびまるこちゃんのナレーションを務めていたキートン山田さんが2021年に引退されたニュースを見ました。
キートン山田が明かす「今、引退する理由」|週間女性PRIME

銀英伝ではキャゼルヌさんを演じられていたキートンさん。
そしてヤン提督の富山敬さんがちびまるこちゃんで共演されていたのですね。

キートンさんが第3の人生を生きようとご自身で引退のタイミングを決めたのは、もしかしたら冨山さんのご病気のことも影響していたのかもしれません。

ヤン・ウェンリーロス、略してヤンロスから富山敬さんご自身に興味が移り、youtubeにある富山敬さんの動画を観るとお人柄も穏やかで本当に素晴らしい方だなと思いました。

ファンサイトを巡り、活躍されていたときのインタビュー記事などを読みました。
富山敬ファンサイト

富山敬さんのファンサイトにアップされていた音声データにお子さんと話している富山敬さんの声が本当に優しくて愛情に満ちていて
「お父さん…!」と思いながら聞いていました。
私は父と呼べる人はいませんが、富山さんのようなお父さんがいたら良かったなと思いますね、、

富山さんは満州ご出身で、2人の弟さんがいたそうですが一人は事故で、もう一人は栄養失調で亡くなったそうです。

その後お母様と満州から引き上げて、学校に通い芝居の道を志したのだと。

本当に芝居が大好きで、いろんな仕事で日銭を稼いで、貧乏をしても好きなことをやってるから苦じゃなかったと語っていたそうです。

苦労をされたり大変なご経験をされたからこそ、こんなに人の痛みを理解して深みのあるお芝居に活かされていたのかもしれませんね。
満州での暮らし、幼少期の原体験というのは、その人に渇望や野心のような内なるエネルギーを起こさせるものなのかもしれません。

富山敬FC「Considerate」

https://twitter.com/tomiyama_FC/status/1204324518350577664

富山敬さんが出演されていた洋画もこれから観ていきたいな。
本当に偉大な役者さんですね。

命日は9月25日、お誕生日は10月31日です。
56歳という若さで亡くなられた富山さん。
亡くなってずいぶん経ってから富山敬さんのことを知りましたが、これから毎年何かできたらいいなと思います。

私はこれから自分の命の火をどのように燃やしていこうか、とよく考えるのですが富山さんのように芝居人として自分の好きなことを思い切りやってきた方というのは本当に魅力的です。

"私の好き・やりたいことはこれだ!"とバチッと見つかった人はとても幸運だと思うし、辛くても貧乏でもこれで生きていくと覚悟を決めた人って本当にすごいと思うんですよね。

私自身はたくさんやりたいことがあって、コレだけで食っていく、と決められないタイプ。
マルチポテンシャライトというか、多趣味というか、飽き性というか。

でもやりたいことをなんらかの形で実現させて昇華していくことも悪くはないんじゃないかと思っています。

お金を稼ぐとか、有名になりたいとかじゃなくていいから、自分のやりたいことをひとつひとつ形にしていく。
でもきっと、やりたいことはいくつになってもチャレンジしていいと思う。年齢なんて関係ないよと。

ネット検索していたら勝田久さんが富山敬さんとお話している写真を見つけました。
私も若い時に声優を志して勝田声優学院に入学し、勝田先生の授業を受けたことがありました(外郎売り、なつかしい…)
本当に芝居が好きで、役作りに没頭している富山さんについて勝田先生が話していて、好きを継続できる人、努力を惜しまない人なんだろうなと思いました。

また、富山さんが演じたヤン・ウェンリーのように本当は歴史を研究して過ごしたいのにそれがままならない時代のなかで軍人になり、その中で信念や美学を持って自分ができることをやりきった人というのも本当にすごいと思うのです。

素敵な大人がいたことを知ると歳を重ねるのも悪くないかも、と思えるのです。

富山敬さん、そして富山さん演じるヤン提督に2022年に出会えて本当に良かったと思っています。


銀河英雄伝説、2022年の年末と2023年の年始に劇場版2作品が4Kリマスター・5.1chで劇場公開するそうです。

OVAの本伝4期まではそろそろすべて観終わりそうなので、劇場版2作品はこの年末年始の劇場公開で観ようと思っています。
公開を心待ちにしながら、富山さんの出演された作品を観て過ごそうと思います。

ポッドキャストで日々のサバイバル記録「ヒビサバ!」配信中です!

ポッドキャスト 「ワープア女のサバイバル記録、ヒビサバ!」

ポッドキャストで20分程度の音声配信をしています。
SpotifyスポティファイAnchorアンカーGoogle Podcastグーグルポッドキャストにて配信中です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事