ネット環境の整備。Try WiMaxを試してUQ WiMaxの契約。

最近引っ越しをしました。
インターネットの環境整備についてちょっと色々あったので書き留めておきます。

引っ越し先のマンション自体にはJCOMの回線が通っていてCATVなどが視聴できるんですが
JCOMの回線はマンションの住人みんなで使うものなので混み合う時間帯などは鈍速になるという話を聞いていたので

自前で何か別の会社の光回線を引けないか探してみたところ
どうしても大規模な工事を屋内・屋外2回はおこなうものなのと壁に穴を開けるようなものなので建物の所有者さんから許可がおりませんでした。

なたりー
爆速のNURO光、試してみたかったのにな…!

その他の光回線の業者もどうしても工事が必要なものになってしまうので断念。
コンセントを挿すだけでつかえるUQ WiMaxのホームルーターを検討することにしました。

2019年のベストルーターは「Speed Wi-Fi HOME L02」 ただし回線は……
こちらを参考にしてやってみました。
本体だけ購入して中身のSIMは好きなものを入れて使えるようです。

UQ WiMaxだと3日間で10GB以上使用してしまうと速度制限がかかってしまうようです。
ドコモの「シェアパック50」であれば50GBを期間の制限なく使用できて魅力的です。

AmazomPrimeとかNETFLIXとかドラマや映画をストレスなく観たい。
家族3人いろいろネットを使うので制限なく使えるのが理想。

私:ネットサーフィン、画像や動画のアップロード、動画視聴
母:AbemaTV、NETFLIXの韓流
兄:オンラインゲーム

予算の兼ね合いもあり、今回はUQ WiMaxのSIMで契約する方向になりました。

つなぎはモバイルルーターをレンタル

引越してから1ヶ月間、つなぎとしてRTM Select 楽天市場店さんのモバイルルーターをレンタルしました。

ホテルに住み込みで働くリゾートバイト時代にも、ホテルのwifiが使えなかったり派遣会社からもレンタルできない場合にはよくRTMさんのものをレンタルしていました。
事前に回線が使えるエリアかどうかチェックして届いたら細かい設定などせずすぐ使えますし、返却もレターパックに入れてポストに投函するだけなので本当に便利。

Try WIMAXで15日間のお試し体験をしよう


UQユーキュー WIMAXワイマックスTryトライ WIMAXワイマックスを利用して自分の家でもWIMAXの回線が問題なく使えるか15日間トライアルを試してみました。

Try WiMAX|UQ WiMax

WIMAXの利用を検討している場合にはこのTryトライ WIMAXワイマックスで15日間トライアルをしてから契約をした方が良さそうです。
事前に地図などで確認したけど契約していざ使ってみたら回線が届かないエリアだった!となると悲劇ですからね。。

  • 取り扱い説明書
  • Wifiホームルーター(希望のSpeed Wi-Fi HOME L02 UQ WiMAXでした!)
  • SIM
  • 返却用の着払い伝票

返却用の着払い伝票も同梱されていて本当に完全無料で15日間使わせてくれるんだ!と驚きました。嬉しいですね。

中古での購入を検討しているSpeed Wi-Fi HOME L02 white UQ版(HUAWEI)もTry WiMaxで選べました。
貸し出し状況によって希望の機種が選べない場合もあるようです。

説明書の手順にしたがって機器にSIMを入れてコンセント挿して設定したらすぐ使えるようになりました。

スマホでHUAWEIの「HUAWEIHiLink」というアプリをインストールして接続すると
データの使用量なども確認できて便利ですね。

なたりー
Try WiMaxで15日間試してWiMaxの電波も問題なく入り使えることが確認できたので契約することに決めました

本体は中古、SIMだけUQ WiMaxで契約

機器だけ自分で用意をして中にいれるnanoSIMだけ回線業者と契約することに。
中古のSpeed Wi-Fi HOME L02 white UQ版を購入


本体の機器は中古で購入。

UQ WiMaxのSIM(nanoSIM)を契約しました。
中古の機器に挿してもTry Wimaxのときと同様で問題なく使えました。満足!

UQ WiMaxを検討されている場合には

この2点は大事ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事