春に専門学校に入学する前に胸まであったロングヘアを切ってばっさりショートにした。
海外にいたときも日本人は幼く見えがちなので髪の毛が長いくらいが年齢相応に見えてちょうどいいと思っていた。

ショートにすると今度は髪の毛が伸びたのがわかりやすくて襟足がもさっとするのが気になってくる。
これから蒸し暑い夏がやってくるしどう対策しようかと家族と作戦会議をしていたら

ネットフリックスで宇多田ヒカルパイセンのライブ「Laughter in the dark」を観ていた母と兄が
「ツーブロしてみたら?」という話になった。
ツーブロック。
サイドの髪を刈り上げて、トップの髪で覆って「隠れツーブロ」というものになるらしい。

おお、たしかにサイドを刈り上げてますね。

さぁお家でツーブロできるかな。

世の中にはプロが懇切丁寧にYouTubeでやり方を説明してくれている。多謝。
学ぼう。


ツーブロはとにもかくにもブロッキングが命のようです。
刈り上げる範囲をバチっと決めてしっかりブロッキングするのみ。

もみあげ部分をミリ数を変えてグラデーションにすると綺麗に見えるんですね。
美容師・理容師さん方プロは色々工夫しているんだなと。。。

バリカンはフィリップスの5000シリーズを買いました。

「私あなたのやってあげるから、あなた私の頭やって!
お互いの頭を刈り上げましょ!」
ということで母とお互いに刈り上げし合いました。

私はサイドは左側だけ9mmで刈り上げて右側はボリューム残してアシメトリーにして、後頭部・襟足は15mmにしました。
襟足の際はコームを外して0mmで綺麗に形をつくって終了。

後頭部・襟足の毛量が減ったのですごくスッキリしました。
あとサイドも量が減ったので髪を耳にかけたときの膨らみのもさっと感がなくなりました。
上からおろした毛でサイドの刈り上げ部分はほとんど隠れていて、耳にかけたときに少し見える程度なので目立たないと思います。

母の髪の毛も後頭部刈り上げたら喜んでました。
少しでも涼しくして過ごしたいですね。

普段バリカンで刈り上げされ慣れている兄お手本見せてもらって、YouTube動画を見ながら刈り上げ刈り上げ。

家族みんなのバリカンスキルが上がった一日でした。

バリカンでセルフで髪の毛刈り上げができるというのも小さなことだけど自信につながりますね。

使ったことのない道具が使えるようになるとか、どういう風に処理すれば形になるか知ってるだけでも自分でなんとかできる自信が生まれるというか。

今までやったことがなかったことができるようになるというのは新鮮です。
いくつになってもこういう経験に恐れないでいきたいなと思います。
できることが増えるのはいいことだなと思います。

最初はうまくいかなくてもいいじゃないか、いろいろ自分でやってみよう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事