仕事を頑張りすぎちゃだめな話。

先日見かけたtweetが素晴らしかったので今働いている人、これから働く人に対してのアドバイスが素晴らしかったので自分の経験とあわせてお話しようと思います。

「仕事はすぐ終わらせて提出しない。
少し自分でホールドすること。
上司から流れてくる業務量をこれで少し抑えることができる」

うんうんうんうんうんうん…
うなずきが止まらない…!

結構新人の頃ってなんでも全力で仕事を頑張っちゃうじゃないですか。
それは多分上司に優秀だと思われたい、評価を得てチームに貢献して居場所をつくりたい、認められたい、給与を上げたいと思うのですごく頑張り屋さんで素晴らしいですよね。

でも来た仕事を「終わりましたっ!」ってすぐ打ち返すと
「あ、じゃあこれもお願い!」
「ついでにこれも!」
って終わらないんですよね。

仕事って無限に作られちゃうんですよ…

日本の仕事って新卒一括採用制ですけど
欧米はジョブディスクリプションが定められていて業務がしっかり決まっています。
日本の場合だと際限なく仕事が振られてしまうので「仕事に終わりがない」んですよね。

どんなに頑張っても給料なんて微々たるものしか昇給しないし疲れが溜まるし
頑張りすぎてハードル上げちゃうと「あれ?前はあんなにやってくれたのに今はできないの?」なんて逆にがっかりさせてしまう可能性も。

少し大きなくくりで話をすると
株式会社って株を持っている株主たちに利益を還元するために利益を最大限化するんですね。
労働者に還元なんて微塵も思っていないわけです。

利益というのは一人一人の労働者の生産性高めて出てきた利益なわけですが
その生産性が過度な労働、無理を強いたもので、
みんなに無理させて搾り取って利益が高くなるわけです。
ちょっと残業した。
プライベートの時間を削って仕事をした。仕事の準備をした。とか。

どんな労働者が頑張ってもそれって結局株主の利益になるものなので
会社や仕事のために身を粉にして働いて心や体が故障するまでがんばっちゃだめですよ。と思います。

少し前、スーパーで働いてたんですがすごく忙しくてスタッフに無理を強いながら働かせるところで
トイレに行く暇もないようなところだったんですね。
もうね、「一分一秒黙って馬車馬のように働け!」っていうようなところだったんです。

トイレにいく頻度が多いおばちゃんがトイレに行こうとするとマネージャー職の男性が小言を言うのがすごく不快でした。
排泄って生理現象じゃないですか。止められないし。
そういうことに対して罪悪感植え付けちゃいけないですよね。

私は絶対トイレ行ってやる。なんなら催したらうんこだって仕事中にしてやるぜと心に誓いました。
我慢して膀胱炎や痔になったりでもしたら大変ですからね。

さ、こんな思い出話や小さな誓いはさておき…

仕事は自分をよく見せようとしなくていい!
時給分以上の仕事はしない。恩を売って何かメリットがあるときだけにする!
ちゃんと余暇のためのエネルギーを残して退勤しよう!

その仕事が自分の昇給とか、生涯やりたいことで
得られることがたくさんあるから経験を積みたいし
今は修行したい!と思うのなら止めません。
思い切り吸収すべき時もあるでしょうし。

そうでない仕事なら無理しても良いことは少ないと思います。

あと人がいない職場で少ない人数で頑張ってしまうとマネージャー層が
「お、この人数でも仕事回せるじゃん。じゃあ新しい人補充しなくてもいいね」
なんて勘違いしちゃうので絶対だめです。

仕事は無理しちゃだめ。無理すると疲れちゃうしコキ使われちゃうだけだから。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事