空き家を直してアルバイト付きシェアハウスに。Renovate  JapanのDIYボランティアに行ってきた。

Renovate Japanさんという団体のシェアハウスのDIYのボランティアをしに行きました。
練馬区の空き家でRenovate Japanの活動で3軒目のDIYリノベーション物件。

空き家を改修して人が住める状態にしてアルバイト付きシェルター兼シェアハウスになります。
1部屋目の改修ができたら入居者を募集して、入居者の方は格安で暮らすことができます。
また、改修のアルバイトとして参加すれば家賃分は相殺され、一定時間以上働けば賃金を得ることができて収入にもつながる仕組み。

また、この練馬区の物件はオーナーさんの意向で1階部分にシェアキッチンを作り地域社会に開かれた空間になるようです。
入居者の方の居住空間が確保できるように物件の壁を壊したり、壁をつくったりして、家のDIYってこんなに自由なものなのか!と驚きました。

私も先日、練馬区にある現在リノベ中のシェアハウスのDIYのお手伝いに行ってきました。


練馬区東久留米駅、駅近物件です。


1階部分作業場所です。
すでに1部屋目の居住部分ができあがりつつあり、シェアキッチンスペースでオーナーさんが手がけるチームのコーヒー焙煎士の方がコーヒーを淹れていました。
シェルター兼シェアハウスの居住空間と、シェアキッチンの空間は壁をつくって分けるので個人のプライベートなスペースが守られますし、気軽にシェアキッチンにお邪魔できそうな雰囲気もあってとてもいいなと思いました。

ペンキ塗りのお手伝いをば。

やっと時間が確保できて突然の飛び込み参加だったのですが素人でもいろいろフォローしていただきながら参加ができてとてもよかったです。
DIY素人さんウェルカムなあたたかい空間でした。

トイレ部分の壁のペンキ塗りのお手伝いをしました。

ビフォー1

ビフォーBEFORE2
元の壁は昔っぽい素材感のあるもので、白色のペンキを塗り塗り。


アフター。
むかし壁のペンキ塗りは過去にDIYリノベでお手伝いしたこともあってシーラーの使い方も少し慣れてきたような気が!気がします!


お風呂場の入り口部分の腐食した部分を取り除いて、防腐剤を染み込ませた板をつけます。

現在クラウドファンディングで支援を募集しています。
支援や記事のシェアで応援よろしくお願いします。
【オナガハウス】まちのシェアキッチン兼シェルターを作り、人々の挑戦を応援したい!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事