2021年10月31日は衆院解散・総選挙投開票日!期日前・不在者投票を知って投票をあきらめない!

2021年10月31日(日)は衆院解散総選挙の投開票日です。
投開票日当日に投票所に行けない人や、住民票の登録のあるところとは違うところに住んでいる人が投票するにはどうすれば良いのでしょうか。

当日に投票所に行けない人は期日前投票
住民票の住所とは違うところに住んでいる人は不在者投票をおこないましょう。

期日前投票の仕方

期日前投票とは?

期日前投票が可能な期間中に指定の場所に行って投票することができます。

私も投開票日当日に仕事がある場合には事前に期日前投票で投票を済ますことが多いです。

投票所入場券があれば身分証明書などは必要ありません。
投票所入場券を紛失した場合にも身分証などを持っていればスムーズに投票が可能です。

投票所入場券の紛失又は未達でも投票できるか

不在者投票の仕方

【1人暮らしの大学生必見】不在者投票のやり方を覚えて選挙に行こう

  1. 投票用紙等の請求
  2. 投票用紙等の受け取り
  3. 不在者投票場所に行く
  4. 投票する

投票用紙の請求は住民票登録の役所のHPでできますが
郵送で送って戻ってくるまでの日にちを考えると公示日にすぐ送れるようにした方が良さそうです。

不在者投票は事前準備が必要になるので余裕を持って行いましょう。
とくに今回は公示が19日で投開票日が31日と選挙期間が非常に短いです。

せっかく1票の投票する権利を持っているのに使えないだなんてもったいないですよね。

こうした郵送でのやりとりもオンラインで投票が行えるように整備したらもっと投票率(特に若い世代の)が上がりそうですよね。
日本の選挙のやり方ってもっと変わらないのかな。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事